お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)取組方針

1 お客さま本位の業務運営に関する方針の策定・公表

当行は、お客さま本位の業務運営の確立を目指し、「お客さま本位の業務運営取組方針」(以下、「取組方針」という。)および取組方針にもとづく具体的な行動計画となる「アクションプラン」を制定し、取り組んでまいります。
取組方針およびアクションプランについては、運営状況や環境変化に応じて見直しを行い、より良い業務運営の実現を目指します。

2 お客さまの最善の利益の追求

お客さまの立場に立った最良の提案を行うため、常に専門知識の研鑽に努めるとともに、誠実、公正に業務を行います。

【アクションプラン】

  • お客さまの利益を最優先に考え、コンサルティングやアフターフォロー等を通じて、お客さまのニーズにあった最適な商品やサービスを提案いたします。
  • お客さまへ最適な提案をしていくため、職員に対する研修会の実施や資格取得に努め、高度な専門知識を有する人材を育成いたします。

3 利益相反の適切な管理

当行の利益を優先するような営業活動が行われ、お客さまの利益が損なわれることがないよう、適切な管理を行います。

【アクションプラン】

  • 商品・サービスの選定、提案にあたっては、お客さまのニーズや利益に沿うものを適切に選定し、提案いたします。
  • お客さまの意向に反して手数料の高い商品・サービスを販売することがないように、本部による取引モニタリング等を通じて適切な管理を行います。

4 手数料等の明確化

商品・サービスの提案、販売および解約にあたり、お客さまからご負担いただく手数料およびその他の費用について、ご理解いただけるように分かりやすくていねいに説明いたします。

【アクションプラン】

  • お客さまにご負担いただく手数料およびその他の費用については、その対価となるサービスの内容も含め、分かりやすく説明いたします。
  • 投資が初めてのお客さまやご高齢のお客さまにもご理解いただけるように、目論見書や商品概要書、タブレット端末等を活用し、分かりやすくていねいに説明いたします。

5 重要な情報の分かりやすい提供

お客さまから十分ご理解いただいたうえで金融商品をお選びいただけるように、商品やサービスに関する情報を充実させるとともに、分かりやすくていねいに説明いたします。
なお、秋田銀行では、複数の金融商品・サービスをパッケージした商品は販売しておりません。

【アクションプラン】

  • お客さまから商品・サービスの内容を十分にご理解いただいたうえで適切に選択を行っていただくため、目論見書、商品概要書および各種レポートを活用して分かりやすくていねいに説明いたします。
  • 市場動向やお客さまの運用状況等をふまえ、タイムリーで分かりやすいアフターフォローを実施いたします。
  • セミナーやマネー講座等の開催を通じて、資産形成に役立つ情報発信を積極的に行ってまいります。

6 お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまの資産状況、取引経験、知識および取引目的・ニーズを十分に把握し、お客さまにとって最適な商品・サービスを提案いたします。
なお、秋田銀行では、金融商品の組成は行っておりません。

【アクションプラン】

  • お客さまの投資目的やリスク許容度等に応じて、適切な商品をお選びいただけるように、幅広い商品ラインナップを整備いたします。
  • 投資が初めてのお客さまやご高齢のお客さまには、取引目的・ニーズを十分時間をかけてお伺いしたうえで、適切な商品・サービスを提案いたします。
  • 若年層に向けたマネー講座や当行が運営するシニア世代の学びの組織である「長活き学校」を通して、お客さまの金融知識向上に資する取組みを積極的に行ってまいります。

7 職員に対する適切な動機づけの態勢

お客さま本位の業務運営を定着させていくため、職員に対する適切な動機づけを行ってまいります。

【アクションプラン】

  • 取組方針の考え方に則った営業活動を行えるよう、評価体系を構築してまいります。
  • 職員へ取組方針を浸透させるため、研修等を充実させてまいります。

お客さま本位の業務運営にかかる成果指標

秋田銀行における「お客さま本位の業務運営」の取組状況について、お客さまに定期的にご確認いただくとともに、より良い業務運営につなげていくため、次の指標について公表してまいります。

【秋田銀行のKPI】

  • 投資信託保有顧客数・平均保有年数
  • 積立投信契約者数・NISA口座数・iDeCo契約件数
  • 投資性商品の販売上位商品
  • 投資信託の保有者運用損益別割合〔共通KPI〕
  • 投資信託商品のリターン実績(コスト・リターン)〔共通KPI〕
  • 投資信託商品のリターン実績(リスク・リターン)〔共通KPI〕
  • 投資信託預り残高上位20銘柄〔共通KPI〕

(注)共通KPIは、2018年6月に金融庁が公表した「投資信託販売会社における比較可能な共通KPI」に基づく指標です。

投資信託保有顧客数・平均保有年数

  • 当行を通じて投資信託を保有していただいているお客さまは、2021年3月末において38,800名となり、前年度に比べ477名増加しました。
  • 一方で、2021年3月末における投資信託の平均保有年数は2.36年と前年度に比べ0.71年短縮する結果となりました。
  • 2020年度前半は新型コロナウイルス感染拡大等によるマーケット下落の影響を受け、投資信託残高は減少傾向となっていましたが、2020年度後半は日経平均株価が3万円台に突入するなど相場回復し、利益確定等の解約が増加したことによるものです。
投資信託保有顧客数・平均保有年数
投資信託保有顧客数・平均保有年数

(注)平均保有年数=(前年度末残高+当該年度末残高)÷2÷(当該年度の解約額+償還額)

積立投信契約者数・積立投信振替額

  • 積立投信をご契約いただいているお客さまは2021年3月末時点で20,447名となり、前年度に比べ2,396名増加しました。
  • また、積立投信の積立金額も増加傾向にあり、2021年3月における月間振替額は351百万円(前年同月比+127百万円)となりました。
積立投信契約者数・積立投信振替額
積立投信契約者数・積立投信振替額

NISA口座数・iDeCo契約件数

  • 当行を通じてNISAをご利用いただいているお客さまは順調に増加しており、2021年3月末時点のNISA口座数は31,366件となっております。
  • このうち、2018年1月から開始された「つみたてNISA」は9,888件となっており、NISA・つみたてNISAいずれも東北の地方銀行において上位の契約口座数となっております。
  • また、iDeCo(個人型確定拠出年金)をご契約いただいているお客さまについても着実に増加し2021年3月末時点で4,497件となり、長期・積立・分散投資の浸透がはかられております。
NISA契約口座数
NISA契約口座数
iDeCo契約件数
iDeCo契約件数

投資性商品の販売上位商品

当行では、お客さまの投資目的やリスク許容度などに応じて、適切な商品・サービスをお選びいただけるように、幅広い商品ラインナップを取り揃えております。

  • 2020年度における投資信託の販売額は162億円、一時払生命保険の販売額は130億円となりました。
  • 投資信託および一時払生命保険の販売上位商品は以下のとおりです。

投資信託の販売上位商品(2020年度)

順位 商品名 カテゴリー 運用会社 販売額
(百万円)
シェア
1 ひふみワールド+ 株式 レオス・キャピタル 4,743 29.2%
2 グローバルMaaS(1年決算型) 株式 日興アセット 1,610 9.9%
3 グローバル・フィンテック株式ファンド 株式 日興アセット 1,276 7.9%
4 テトラ・エクイティ 株式 三井住友DSアセット 1,182 7.3%
5 ひふみプラス 株式 レオス・キャピタル 977 6.0%
6 Funds-i・日経225 株式 野村アセット 785 4.8%
7 グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型) 株式 日興アセット 669 4.1%
8 クアトロ バランス ピクテ投信 529 3.3%
9 グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド 株式 三菱UFJ国際投信 523 3.2%
10 財産3分法ファンド(毎月分配型) バランス 日興アセット 479 3.0%
全商品合計 16,228 100.0%

一時払生命保険の販売上位商品(2020年度)

順位 商品名 カテゴリー 保険会社 販売額
(百万円)
シェア
1 エブリバディプラス 外貨建終身 明治安田生命 2,586 19.9%
2 ふるはーとJロードグローバルⅡ 外貨建終身 住友生命 1,951 15.0%
3 えらべる外貨建一時払終身 外貨建終身 明治安田生命 1,922 14.8%
4 プレミアプレゼント2 外貨建終身 第一フロンティア生命 1,663 12.8%
5 しあわせ、ずっと2 外貨建終身 三井住友海上プライマリー生命 1,127 8.7%
6 ロングドリームGOLD3 外貨建終身 日本生命 943 7.2%
7 やさしさ、つなぐ2 外貨建終身 三井住友海上プライマリー生命 771 5.9%
8 悠々時間アドバンス 外貨建年金 ニッセイ・ウェルス生命 708 5.4%
9 あしたの、よろこび2 外貨建年金 三井住友海上プライマリー生命 444 3.4%
10 おおきな、まごころ 外貨建終身 三井住友海上プライマリー生命 403 3.1%
全商品合計 13,023 100.0%

共通KPI投資信託の保有者運用損益別割合

投資信託をご購入いただいたお客さまの運用損益状況です。

  • 2021年3月末におけるプラスリターンのお客さまの割合は、90.5%と前年度末対比+61.0ポイントと大きく増加しました。
  • 2021年3月の株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、ワクチン接種の普及や追加経済対策の成立などにより米国を中心に上昇基調となり、株式に投資する大半のファンドでプラスリターンとなったことによるものです。
投資信託の保有者運用損益別割合
投資信託の保有者運用損益別割合

共通KPI投資信託預り残高上位20銘柄(2021年3月末)

2021年3月末時点における当行を通じて保有いただいている投資信託の預り残高上位20銘柄です。

商品名 コスト
(%)
リスク
(%)
リターン
(%)
1 ひふみプラス 1.52 15.38 13.32
2 高金利先進国債券オープン(毎月分配型) 1.56 6.20 0.93
3 MHAM J-REIT インデックスファンド(毎月決算型) 1.16 13.98 4.60
4 財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型 1.05 8.66 5.95
5 インデックスファンド225 1.01 16.58 13.25
6 トレンド・アロケーション・オープン 1.18 7.25 -1.33
7 ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 2.15 19.38 -1.18
8 グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型) 2.38 18.82 19.22
9 ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド 2.00 3.79 2.93
10 アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型) 2.20 17.65 8.03
11 ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(毎月分配型) 1.63 5.07 3.78
12 グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド 2.86 15.93 8.55
13 高金利先進国債券オープン(資産成長型) 1.56 6.20 0.91
14 BAMワールド・ボンド&カレンシー・ファンド(毎月決算型) 1.82 4.13 -0.76
15 野村インデックスファンド・外国株式 0.61 17.13 12.72
16 東京海上・円建て投資適格債券ファンド(年2回決算型) 1.12 1.77 -0.17
17 DIAM世界好配当株オープン(毎月決算コース) 1.65 15.91 4.97
18 野村インデックスファンド・日経225 0.44 16.57 13.41
19 コモンズ30ファンド 1.52 15.52 12.87
20 世界ソブリン債券・日本株ファンド(毎月分配型) 1.32 7.54 3.90
(注)
  1. 上位銘柄は設定後5年以上経過している投資信託を対象(現在募集停止している銘柄を含む。)
  2. コストは、過去5年間の1年あたりの販売手数料率と信託報酬率の合計値を表示
  3. リスクは、過去5年間の月次リターンの標準偏差を年率に換算して表示
  4. リターンは、過去5年間のトータルリターンを年率に換算して表示

共通KPI投資信託商品のリターン実績(コスト・リターン)

当行の投資信託残高上位20銘柄におけるコストに対するリターンの実績です。

  • 申込手数料改定の影響などから、平均コストは1.55%(前年度対比▲0.01ポイント)とわずかに低下しました。
  • 2021年3月の株式市場は、日経平均株価が30年振りに3万円台に突入するなど相場回復し、平均リターンは7.44%(前年度対比+6.37ポイント)と大きく改善しました。
コスト・リターン(2021年3月末)
コスト・リターン(2021年3月末)
コスト(%) リターン(%)
残高加重平均値 1.55 7.44

共通KPI投資信託商品のリターン実績(リスク・リターン)

当行の投資信託残高上位20銘柄におけるリスクに対するリターンの実績です。

  • 新型コロナウイルス感染拡大などの影響により、残高上位銘柄の価格変動が大きくなったため、平均リスクは12.48%(前年度対比+0.73ポイント)と上昇しました。
リスク・リターン(2021年3月末)
リスク・リターン(2021年3月末)
リスク(%) リターン(%)
残高加重平均値 12.48 7.44

個人のお客さま
インターネットバンキング