コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

 当行は、「地域とともに歩み、地域の発展とともに栄える」という「地域共栄」の経営理念に基づき、次のとおりコーポレートガバナンスの充実に努めてまいります。

  1. 株主の権利を尊重し、株主が権利を適切に行使することができる環境の整備と、株主の実質的な平等性の確保に努めます。

  2. 株主、地域社会、お客様、従業員等のすべてのステークホルダーから信頼され選ばれる金融機関であるために、健全で公正な業務運営を行う経営に努めます。

  3. 取締役会・監査役会のほか、常務会、コンプライアンス委員会等の各種委員会、その他外部機関等による経営管理態勢の充実をはかり、コーポレートガバナンス体制の向上に努めます。

  4. 会社情報の適切な開示を行うとともに、非財務情報を含む情報の自主的な開示に努めます。

  5. 持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、積極的なIR活動などを通じて、株主との建設的な対話に努めます。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

 当行は、コーポレートガバナンス・コードの趣旨をふまえ、当行の持続的成長と中長期的な企業価値向上を目指し、コーポレートガバナンスを確立することを目的として「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を制定しております。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

コーポレートガバナンス体制図