10万円を超える現金のお振込について

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、10万円を超える現金振込には本人確認書類等の提示が必要となります。

お客さまが個人の場合

窓口でご提示いただく本人確認書類

顔写真のあるもの
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など
顔写真のないもの
※2点ご用意ください。
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 取引に利用する印鑑の印鑑登録証明書 など

お客さまが法人の場合

窓口でご提示いただく本人確認書類

  • 登記事項証明書(登記簿謄本・抄本を含む)
  • 印鑑登録証明書 など

※法人の場合には、上記の書類のほか、併せて来店された方の本人確認書類をご提示願います。

※本人確認書類に記載されている名前や住所が、現在のものと異なる場合、お取引ができないことがありますのでご注意ください。

※本人確認書類のうち、有効期限の定めのあるものについては有効期限内のもの、有効期限の定めのないものについては提示もしくは送付を受けた日前6か月以内に作成・発行されたもの、または確認日現在で有効なものに限られます。

次の場合は、従来と同様にお取扱いできます。

  1. ATMでキャッシュカードを使ってお振込みをされるとき

    ※口座開設の際に本人確認手続きがお済みでない場合、お振込みできないことがあります。

  2. インターネットバンキング等によりお振込みをされるとき

くわしくは、金融庁のホームページをご覧ください。