資金計画について確認する

はじめての住宅ローン 必要な資金と返済額の目安はどのくらい?

希望物件の購入価格を元に資金計画を立ててみましょう。

マイホーム購入に関する資金計画のポイントは頭金(自己資金)です。一般的に、自己資金は購入価格の2割程度と言われています。実際には購入費用のほかに諸費用もかかってきますので、購入予算の25%程度など、2割以上の頭金を準備しておくのが、安全な資金計画の基本といえるでしょう。

希望物件の購入価格を元に資金計画を考えてみましょう

ライフイベントと資金計画について

人生には、結婚、お子さんの誕生、お子さんの成長にともなう教育費の増加、住宅購入、リフォーム、退職といった「ライフイベント」があり、「ライフイベント」には支出が発生します。「いつまでにどの程度の資金が必要か」がはっきりすれば理想のライフプラン実現に向けた課題が見えてきます。
住宅ローンのご返済は長期にわたるのが一般的ですので、将来の家計の変化があっても安心してご返済できる資金計画を立てましょう。

自己資金をおトクに貯めるなら「住宅積立定期預金」がおススメです 詳細はこちら

返済比率の目安を把握しておきましょう。

住宅ローンの借入可能額を決めるポイントは「返済比率」です。
返済比率とは、毎月の収入に対して、毎月の返済額がどのくらいの比率の目安を示したものです。

<返済比率>

年間所得(税込) 土地及び建物購入の場合 土地のみ購入の場合
200万円未満 25%以内 15%以内
200万円以上300万円未満 30%以内 20%以内
300万円以上500万円未満 35%以内 25%以内
500万円以上 40%以内 30%以内

その他の条件によっても資金計画は変わりますので注意しましょう。

その他、資金計画に影響する様々な条件があります。

その他の条件によっても資金計画は変わりますので注意しましょう

ご相談・ご来店予約

平日19時まで、土日も営業 パーソナルプラザ

お近くの店舗

店舗検索

今すぐ審査申込みしたい方へ

事前審査申込み

もっとくわしい情報を知りたい方へ

資料請求