30代で準備しておきたいこと

Point 「教育資金、住宅資金」
特にこの年代では、子どもの「教育資金」、家族と過ごす住宅購入のための「住宅資金」が、大きなウエイトを占めると考えられます。
人生の3大資金の中の2つが、一気に降りかかってくる30代。
それぞれどのくらい資金が必要か把握し、ご自身の資金計画を考えましょう。

〔出典 : 総務省「平成22年度家計調査年報 貯蓄・負債編」〕

教育資金について

お子様の進路によって教育資金は異なりますが、一般的にどのくらい必要になるかを把握しておきましょう。

住宅資金について

希望するマイホームによって必要な資金は異なりますが、一般的にどのくらい必要になるかを把握しておきましょう。

住宅購入にあたって、こんな費用もかかります。

ライフステージにあわせたあきぎんのサービス・商品のご提案

ためる・ふやす

将来のための資産形成として

【まとまった資金を育てる】

定期預金投資信託外貨預金国債
個人年金保険一時払終身保険

そなえる

もしものためのご準備として

医療保険平準払終身保険
収入保障保険一時払終身保険