金利のタイプを確認する

はじめての住宅ローン ライフプランにあわせた金利タイプ選びましょう。

金利タイプの種類について(金利選択型住宅ローン)

金利の種類は大きく2つに分かれます。これからのライフプランにあわせて、ご返済方法にあった金利タイプを選びましょう。

今の金利もいいけど、将来金利が変動した時に柔軟に対応したい。

変動金利
お借入期間中、市場の金利水準に応じて金利が変動します。また、いつでも他の金利タイプに変更することができます。

今は子どもの教育費など出費が多い時期なので、当面の返済額はできるだけ少なく抑えたい。

固定金利(3年・5年・10年)
固定期間が短いほど、低い金利水準でお借入れいただけます。

金利タイプ別のメリットとデメリット

住宅ローンの金利は「変動金利」と「固定金利」のタイプに分類できます。それぞれの金利タイプのメリット・デメリットを確認して、無理のない返済計画を立てましょう。

タイプ 変動金利 固定金利
(3年・5年・10年)
イメージ
特徴
  • 市場金利に連動した金利が適用され、お借入後の利率は年2回見直しされます。
  • 毎回のご返済額については、5年ごとに見直しされます。
  • お借入後にいつでも他の金利タイプに変更することが可能です。

選択期間中は固定金利が適用されます。選択期間終了までは金利タイプを変更することはできません。

メリット
  • 適用金利が下がると返済額が減少します。
  • 金利の動きを見ながらタイプを変更することができます。
  • 低金利状況下では当面の返済額を確定させたうえで低金利メリットを享受できます。
デメリット
  • 金利上昇局面では、返済額が増加します。
  • 返済額は5年間変更されないため、金利上昇局面が続いた際は、元金の返済が最終回にしわ寄せとなる場合があります。
  • 選択期間終了後、金利が上昇した場合は、毎月の返済額が増加する可能性があります。
  • 固定金利選択時に最大5,400円の手数料がかかります。(住宅ローンご契約時およびインターネットバンキングサービスによる選択時は、手数料は無料です。)

※上記は主な特徴を記載しています。くわしくは、店頭またはお電話でご確認ください。

ローンシミュレーション

ご相談・ご来店予約

平日19時まで、土日も営業 パーソナルプラザ

お近くの店舗

店舗検索

今すぐ審査申込みしたい方へ

事前審査申込み

もっとくわしい情報を知りたい方へ

資料請求