ダブルサポート団信(団体就業不能信用補償保険・がん保障特約付リビング・ニーズ特約付団体信用生命保険制度)の概要

ご返済期間中に万一のこと(死亡、高度障害状態、がん、脳卒中、急性心筋こうそく、5大生活習慣病により所定のお支払事由に該当された場合)があった場合に、住宅ローン残高相当額の保険金・給付金が支払われ、住宅ローンの返済に充当されます。

対象商品

〈あきぎん〉住宅ローン「フルサポート」

ご加入年齢

お借入れ時の年齢が満20歳以上満50歳以下で、最終返済時の年齢が満82歳未満の方

保険金額

お借入れ残高以内かつ1億円以下

保険料

当行で負担いたします。

上乗せ金利

この保険をご利用される場合、所定の住宅ローン金利+年0.2%の金利が適用となります。
(注)ご返済途中でこの保険のご利用を中止することはできません。

幹事保険会社

  • 団体就業不能信用補償保険
  • 損保ジャパン日本興亜株式会社
  • がん保障特約付リビング・ニーズ特約付団体信用生命保険
  • 明治安田生命保険相互会社

保険契約者

一般社団法人全国地方銀行協会

保険金受取人

当行

3大疾病により所定のお支払い事由に該当された場合とは

  • がんの場合
    保険期間中に所定の悪性新生物(がん)に罹患したと医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定されたとき(「上皮内がん」および「悪性黒色腫以外の皮膚がん」は対象外)

  • 脳卒中・急性心筋梗塞の場合
    責任開始日以降に、脳卒中または急性心筋こうそくを発病し、初めて医師の診断を受けた日からその日を含めて60日以上、所定の状態が継続したと医師によって診断されたとき

5大生活習慣病により所定のお支払い事由に該当された場合とは

責任開始日以降に、5つの生活習慣病(高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性すい炎)のいずれかを発病したことにより就業不能となり、その就業不能が12か月を超えて継続したとき

その他

  • 上記保障のほか、「所定の就業不能となった場合の月額ローン返済額の保障」、「がん診断一時金100万円お支払」などの保障があります。

  • お申込み時に保険会社あての加入申込書兼告知書をご提出いただきます。
    (注)告知内容により、ご加入いただけない場合もあります。

※くわしくは銀行窓口備え付けのパンフレットおよび「申込書兼告知書」に添付の「団体就業不能信用補償保険 重要事項等説明書」、および「がん保障特約付リビング・ニーズ特約付団体信用生命保険 重要事項に関するご説明」をご覧ください。

〈平成30年5月1日現在〉