あきた地域活性化支援ファンド2号のご案内

 野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社(野村證券グループのベンチャーキャピタル)と共同で「投資事業有限責任組合あきた地域活性化支援ファンド2号(以下、「当ファンド」といいます。)」を設立しました。
 秋田県内においては、「新たな成長産業」という期待のもと、風力発電事業をはじめとした再生可能エネルギーへの取組みが、行政、民間を問わず活発化しております。
 また、後継者の不在から「事業承継」を経営の重要課題とする事業者が表面化してきており、その解決に対する希求は、今後、ますます増えていく見通しです。
 当ファンドは、「成長産業分野への新規参入」や「事業の円滑な承継」などに取組んでいる県内事業者に対して支援を行い、「地域の発展」に貢献していくことを目的としています。
 当ファンドの概要は次のとおりです。

当ファンドの概要

名  称 投資事業有限責任組合あきた地域活性化支援ファンド2号
出 資 金 予定総額5億円(当初3億円)
設 立 平成24年5月
期  間 約10年間(期間延長可能)
投資対象 秋田県を中心とした当行の営業地域内で事業を営む企業や事業主体

※ 主たる投資先として、「再生可能エネルギー事業者(SPC等)」、「事業 承継に長期間を要する事業者」を想定しております。

当ファンドのスキーム

お問い合わせ先

秋田銀行 地域サポート部
TEL:018-863-1212
FAX:018-866-3819
E-mail:abk002@basil.ocn.ne.jp