全銀EDIシステム(ZEDI)のご案内

全銀EDIシステム(ZEDI)とは

ビジネスIBおよびファームバンキング(FB)における銀行送金(総合振込)の際、大量の商取引情報(請求書番号、商品名など)を電文に添付し、送受信することを可能とする仕組みのことです。

※ZEDIの詳細は、全国銀行協会のホームページをご参照ください。

ZEDIの活用効果

ZEDIは、企業さまの総合振込にかかる確認や連絡の省力化、売掛金の消込等による決済事務の効率化、生産性向上を目的としています。
ZEDIの稼動により、資金の受取企業さまは売掛金の消込作業、資金の支払企業では振込明細にかかる受取企業さまからの照会負担が軽減されるなど、経理事務の効率化や生産性の向上が見込まれます。

※詳しくは、リーフレットをご参照ください。

ビジネスIBでのZEDIへの対応

ビジネスIBでは、「セレクションコース」および「取引明細データ(オプション機能)」をご契約いただくことで、ZEDIをご利用いただけます。
なお、現在「コンパクトコース」、「ベーシックコース」、「リミテッドコース」をご利用いただいている場合は、「セレクションコース」へのコース変更が必要です。

商取引情報作成ツール

全国銀行資金決済ネットワークが提供する商取引情報簡易作成ツール「S-ZEDI」(無料)を利用することにより、作成することができます。
より便利にお使いになりたい場合は、専用ソフトの購入や会計システムの改修が必要となりますので、ソフト販売先等へお問い合わせください。

Q&A

ZEDI利用が想定される先を教えてください。

受取企業では、売掛金消込などの事務効率化をはかるため、支払企業に対してZEDIによる送金を依頼するケースが想定されます。支払企業では、受取企業からの依頼を受けて、ZEDIを利用することが想定されます。

「給与振込」や「賞与振込」は対象となりますか?

ZEDIの対象業務は「総合振込」であり、「給与振込」や「賞与振込」は対象外となります。また、1件ごとの個別振込についても対象外となります。

「外国送金」は対象となりますか?

対象は内国為替=国内での取引のみとなりますので、「外国送金」は対象外となります。

受取企業がZEDI対応をしていない場合でも、商取引情報添付による振込はできますか?

振込の受取企業となる取引先がZEDI対応をしていない場合でも、商取引情報添付による振込は可能ですが、その場合、受取企業は商取引情報を取得することができません。売掛金消込など決済業務の効率化のメリットを享受するためには、支払企業および受取企業の双方がZEDI対応をする必要があります。

銀行休業日では利用できますか?

ZEDIは「総合振込」が対象となるため、銀行休業日に資金を送受信することはできません。

本件に関するお問合せ先

詳しくは、秋田銀行の窓口、または下記までお問い合わせください。

秋田銀行EBセンター

フリーダイヤル 0120-288-956 0120-288-956
受付時間
9:00~17:00(銀行営業日)