• 口座をひらく
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる
  • 便利につかう

投資信託

「未来をつくる」金融商品 投資信託

  • 基準価額一覧
  • 長期投資セミナー
  • はじめてのお客様
私たちが投資信託をオススメする3つの理由
5,000円からムリなくできる!

通常、株式や債券などへの投資は、ある程度まとまった資金が必要です。
〈あきぎん〉の投資信託なら、5,000円からムリなく投資が始められます。

NISAを活用できる!

NISAは個人の方を対象にした「少額投資非課税制度」です。
〈あきぎん〉の投資信託はすべてNISA(少額投資非課税制度)対象商品です。
(NISAのご利用には所定のお手続きが必要です。)

NISAを活用できる!

手軽に分散投資ができる!

「卵はひとつのカゴに盛るな」これは分散投資が大切という投資のことわざです。
投資信託は「分散投資」を基本としており、ひとつの商品の中で複数の銘柄や世界のさまざまな資産に投資しています。そのため、投資が初めての方でも分散投資によるリスクを抑えた資産づくりを手軽に始めることができます。

はじめてのお客様

あきぎんが提案する「負けにくい投資」

基礎編1 「負けにくい投資」とは?

基礎編2 「負けにくい投資」の基本戦略

実践編1 「コアファンド」で始める負けにくい投資

実践編2 「コア・サテライト戦略」でリターンの上積みを目指す

ご参考 基準価額と分配金の基礎知識

コア・サテライト戦略でファンドを選ぶ

「負けにくい投資」の資産配分イメージ

「負けにくい投資」の資産配分イメージ

攻めの資産に投資するファンドはこちら

守りの資産に投資するファンドはこちら

※上図の資産配分は単なるイメージであり、特定の資産配分を推奨するものではありません。また各資産の分類は、秋田銀行独自の分類です。

コア・サテライト戦略のイメージ

コア・サテライト戦略のイメージ

攻めと守りの資産を組み合わせ、
安定運用を目指す部分

「負けにくい投資」を実践するコアファンドはこちら

攻めの資産の中でも比較的リスクの高い、
積極的にリターンを狙う部分

サテライト資産に投資するファンドはこちら

※上図の資産配分は単なるイメージであり、特定の資産配分を推奨するものではありません。また各資産の分類は、秋田銀行独自の分類です。

すべてのファンドを見る

あきぎんの便利なサービス

インターネット投資信託サービス

NISA(少額投資非課税制度)

〈あきぎん〉積立投信

特定口座

基準価額一覧

長期投資セミナー

はじめてのお客様

お問い合わせ先

くわしくは、秋田銀行の窓口、または下記までお気軽にお問合せください。

秋田銀行営業企画部部(投資信託担当)

平日/ TEL 018-863-1212 【受付時間 9:00~17:00】 ※祝日休

投資信託に関する留意事項

投資信託をお申込みの際は、以下の事項および最新の投資信託説明書(交付目論見書)等をよくお読みいただき、各ファンドの仕組みやリスク、費用などをご理解のうえお申込みください。

  • 投資信託は預金ではなく、当行でご購入いただいた場合、預金保険および投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託をご購入の際には、必ず最新の投資信託説明書(交付目論見書)等により、商品内容やリスクおよび手数料等の詳細をご理解のうえ、ご自身の判断によりお申込みください。
  • 投資信託の運用による損益はご購入されたお客様本人に帰属します。
  • 投資信託は、株式や債券など価格変動をともなう有価証券等に投資するため、次の要因等により投資元本を割り込むことがあり、元本および分配金が保証されている商品ではありません。
    • ①組入有価証券等の価格変動および金利・市況の変動等。
    • ②組入有価証券等の発行者の経営、財務状況の変化。
    • ③為替相場の変動や投資対象国の政治、経済情勢等の影響による損失。
  • 投資信託のご購入に際しては、次の費用をご負担いただきます。
    • ①申込手数料はご購入の際にお客様に直接ご負担いただく費用で、最高3.24%(消費税込み)
    • ②信託報酬は保有期間中に間接的にご負担いただく費用で、最高2.376%(消費税込み)
    • ③信託財産留保額は換金時にご負担いただく費用で、最高0.5%
    • ④その他の費用は組入有価証券の売買にかかる委託手数料、監査費用、外国での資産の保管等に要する諸費用等、保有期間中にご負担いただく費用で、運用状況等により変動するため事前に上限の料率等は表示できません。

店舗・ATM ローン金利 預金金利 各種手数料 外為相場情報


 このページの先頭へ
株式会社秋田銀行 登録金融機関 東北財務局長(登金)第2号/加入協会 日本証券業協会
Copyright The Akita Bank,Ltd. All Rights Reserved.■