秋田銀行・Recruiting Site 2020

WOMEN 女性行員の活躍推進 WOMEN女性行員の活躍推進

女性活躍に向けた取り組み

超高齢社会に突入し、労働人口の減少が課題となっている日本において、性別や年齢に縛られずに能力を発揮できる社会の実現が急務となっています。政府も「女性の活躍推進」について国をあげて取組みを推進しています。そうした中、秋田銀行でも多用な人材が能力を発揮し活躍することが、持続的な成長に必要と考え、女性の活躍推進を優先課題とし、2015年4月に「<あきぎん>女性“活き生き”応援プログラム」を始動し、女性行員のさらなる活躍推進に取り組んでいます。
当プログラムでは、当行の女性行員がやりがいと充実感を持ちながら、働き、充実した生活を送り、一人ひとりが成長してくことを目指しています。

女性活躍支援に向けた
ロードマップ

第1フェーズ
2015年4月~2020年3月

《あきぎん》女性“活き生き”応援プログラム 指導的立場に占める女性の割合目標5年後(2020年まで) 管理職層:5%、監督職層:20%

第2フェーズ

指導的立場に占める女性の割合目標(2023年まで)、管理職層:10%、監督職層:30%

具体的な取り組み

キャリアマネジメント研修

女性の役席者(部下を持つ行員)を対象とした研修。旧来の女性行員にみられた業務スキルの偏りを意識的に改変し、マネジメントの視点を養うことを目的としています。

育休取得者ミーティング

育休中の職員のための研修で、職場復帰や仕事と育児の両立といった不安解消を目的とするものです。先輩ママから復職後の体験談を聞いたり、復職後に利用できる制度や申請方法について理解いただいたり情報提供の場を設けることで、職場復帰に向けた支援を行っています。

育休復職者カフェ

仕事と育児を両立する行員同士のネットワーク構築をはかるため、育児休暇からの復職した同じ境遇の行員同士が休日に集い情報共有・収集できる機会を提供しています。

女性 “” ワーキンググループ

営業店・本部で働く女性行員の目線で当行の女性活躍推進施策について検討・見直しをはかることを目的に実施しています。テーマは、キャリア形成や職務機会の拡大、仕事と子育ての両立等多岐に渡ります。

イクボス宣言

2017年3月10日(金)、秋田市主催「子育て応援リーダー宣言~秋田市版イクボス宣言~」において、秋田市内 23社の企業と合同で「イクボス宣言」を行いました。

※イクボスとは・・・ 男性の従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことを指す。 部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児の両立しやすい環境の整備に努める上司を当行では今後ますます増加させます。

女性活躍に関する表彰

秋田県女性の活躍推進表彰」制度において、女性の能力活用と男女がともに働きやすい職場づくりの取組みが顕著であることから表彰企業として選ばれました。また、「秋田市元気なこどもまちづくり企業認定表彰」制度においても、最優秀賞を受賞し、仕事と子育ての両立支援や子育てにやさしい企業として評価されました。

※秋田県および秋田市の表彰制度双方を受賞したのは、当行のみです。

《あきぎん》
女性“”応援プログラム

このプログラムは、(1)管理職登用につながるキャリアアップ支援、(2)女性の継続就労、(3)意識・風土の変革の3つを大きな柱として、女性の活躍を推進して多様性のある組織を作り競争力を高め、持続的成長を実現しようとするものです。
当行では、将来的に指導的立場にある層の女性割合を行員(男女含む)に占める女性行員の割合に近づけることを目指します。将来目標に向けた当面の目標として、プログラムの第1フェーズでは、全行に占める女性の管理職層(支店長など)を5%、監督職層(支店長代理など)を20%にまでそれぞれ引き上げることを目標としています。

女性行員インタビュー

子育てと仕事を両立している二人の女性行員に制度や取組み、働くことについて話を伺いました。

伊原 さおり

2011年入行
本荘プラザ

制度の充実も
入行の決め手に。

地元の大学に進んだ理由もそうでしたが、就職活動の際にも大好きな秋田から離れたくない思いがありました。一方、将来子どもができても仕事を続けたいと考えていたので、女性に対する当行の制度や方針に大きく惹かれて入行を決めました。現在、二人の子どもがいますが、産休と育休を利用しました。周囲の先輩女性行員も当然のように利用しているので、休暇を使うことは気持ち的にも楽でした。

選択肢が
多いという魅力も。

制度は利用されてこそ価値があり、周囲の理解や許容がまた制度を利用する価値を高めていくと思います。その意味で当行には素晴らしい環境があると思います。実際、子育てをしながら仕事にも打ち込む女性行員が多く、女性管理職として活躍するという選択肢もあります。私自身、今後も銀行員としてスキルを上げていくなかで、後輩のためにもあらゆる制度を活用する「道」を広げていけたらと考えています。

長門 亜依

2006年入行
能代支店

周囲の理解と
フォローがある好環境。

産休と育休の制度を利用しましたが、職場復帰する際に先輩行員が短時間勤務の制度利用を勧めてくれて、上司も快諾してくれたことが嬉しかったですね。完全復帰後も子育てをしていると休みをもらうことが多く、申し訳ない気持ちもありましたが、周りのみなさんのフォローもあって助かりました。制度が実際に理解されていることが、女性であっても長く働くことができる当行の魅力だと思います。

自分自身の充実を
お客さまのために。

当行には他にも「女性“活き生き”応援プログラム」など、子育てを経験した女性でも仕事の幅を広げて活躍できる人事制度や態勢が用意されていて、活用している女性行員が増えていることもよい循環を生み出していると思います。お客さまに寄り添いライフプランのお手伝いをするのが銀行員ですから、まず自分自身が充実したプライベートを送ることが、仕事面の充実にもつながると思っています。