秋田銀行 秋田銀行採用サイト2019

> プレエントリー > マイページ

CSRへの取り組み

入行後3年間を基礎教育期間とする充実した教育研修制度

OJT〈職場教育〉

新入行員教育の基本はOJT【職場教育】です。新入行員には必ず教育担当者や指導員がつき、実践指導をおこないます。先輩、上司のマンツーマンによる指導・アドバイスのもと、新入行員は実際の仕事を通じて実務能力・専門知識を習得し、成長していきます。入行後3年間の基礎教育期間を通じて一連の業務を学び、3年後には戦力として対応できるレベルを目指します。

OFF-JT〈集合研修〉

OJTをサポートするのがOFF-JT【集合研修】です。最初の新入行員研修会では社会人の基本となるビジネスマナーをはじめ、銀行員として最低限必要な スキルを1年目で習得し、2年目以降は担当業務にマッチした業務別研修を受講。そして習熟度が早く、より高いレベルのスキル習得に意欲的な行員に応え、上級者向けの研修会も用意されています。

職務別研修

各役職区分に応じて期待される役割を遂行し、上位役職者へステップアップするための実践的なカリキュラムが編成されています。単なる知識吸収型ではなく、アウトプット型の研修を目指し、「考え」・「判断し」・「表現する」機会をカリキュラムの中に多く盛り込むことで柔軟な思考力と的確な判断力を養成します。

ここでは職務別研修の様子の写真を紹介しています

業務別研修

担当業務の知識向上や相談能力のスキルアップなど、実務能力の向上をはかり、多様化するお客さまのニーズに応えられる行員を目指します。行員一人ひとりのスキルアップへのニーズに応えるため、行員が研修の目的・内容を見て、自分のレベルに合った研修を選び、参加する方式をとっています。

ここでは業務別研修の様子の写真を紹介しています

行外派遣研修

全国地方銀行協会主催の各種講座など行外の諸機関への派遣を実施しています。行外研修はより高度な専門知識・スキルと幅広い視野の習得だけでなく、ビジネスマンとして必要な幅広いネットワーク構築の場となっており、意欲のある行員が多数応募しています。(昨年度は台北駐在員事務所での研修も実施しました。)

ここでは行外派遣研修の様子の写真を紹介しています

自己啓発支援

さらなる自己啓発の意欲に応えるため、休日セミナーの開催や通信講座の斡旋なども実施しています。また業務に関連の深い公的資格(中小企業診断士、証券アナリスト、FP、宅建主任者など)および各種検定試験を取得した行員には奨励金制度を設けるなどチャレンジ精神を存分に発揮できるサポート体制をとっています。

ここでは自己啓発支援の様子の写真を紹介しています