秋田銀行 秋田銀行採用サイト2019

> プレエントリー > マイページ

PERSON 「あきぎんの人々」

20年後を見据える眼差しと実行力

 経営企画部は銀行経営の根幹を成す部署です。中長期的な経営上の事業計画の策定や決算関係業務、フィンテック関連、銀行全体のグループ管理、そして現在、私が担当している店舗戦略など、多岐にわたる業務を行っています。
 店舗戦略について少し詳しく申しますと、市場性のある場所への新規出店・移転計画の立案や実施、老朽化した店舗の立て替えなどです。近々ですと、計画段階からコンビニエンスストアと共同した割山支店の事例があります。同じ敷地内に銀行とコンビニエンスストアが隣接することで、来店されるお客様の利便性をより高めることができます。また、周辺のマーケット動向を勘案しながら、店舗の見直しや統合も行っています。
 銀行店舗は長期間にわたり営業するものなので、出店場所の選定にはマーケット調査やデータ分析を重ね、出店の可否を決定しなければなりません。当行はもちろん、地域全体の10年、10年後を見据える必要があり、既成概念にとらわれない発想が求められます。同時に時代の変化を読み取り、新しいものも取り入れていかなければなりません。出店プロジェクトの進捗には多くの関連部署との協力が不可欠であり、コミュニケーション能力や調整力も求められます。そこで蓄積された経験がスキルアップにつながると考えていますので、今後も知見を広げ、幅広い分野であらゆることにチャレンジしていきたいですね。

各地域の店舗は銀行の顔

各地域にあるそれぞれの店舗は、まさに銀行の顔です。自分が携わった店舗案件が実現し、新規オープンにより多くのお客様が来店され、喜んでいただいている姿を目にした時には、本当にやりがいを感じます。秋田県全体を元気にしたいという想いが、私の入行の動機であり原点です。お客様や地域の発展に貢献するためには、お客様との接点を増やし、信頼関係を構築していくことが必須です。そのなかで共に課題を解決していくことで地域全体に活力が発生してくると確信しています。そうした地域の成長が銀行の成長につながると考えますので、常に感謝の気持ちを忘れずにこれからも邁進していきます。

ここでは行員の日常を紹介しています。

「あきぎんの人々」