秋田銀行 秋田銀行採用サイト2019

> プレエントリー > マイページ

PERSON 「あきぎんの人々」

取引先を熟知し、お客様とともに経営課題の解決や今後の成長を展望する。

 現在は主に事業性融資を担当しており、創業や業績拡大、経営改善といった企業が置かれた状況に応じた支援を行っています。また、融資による資金面の支援のみならず、決済サービスの提供や販路拡大等、取引先企業の課題解決の支援に向けた包括的なサービスの提供も行っています。
 融資係の難しさは単に資金を融資するだけではなく、様々な方面から経営支援を行うところにあると考えます。企業には創業・成長・安定・成熟・再生期といったライフステージがあります。そうしたステージそれぞれで発生しうる経営課題に対して、お客様とともに向き合いながら解決に向けて支援していくところに担当者としての手腕が問われるものと感じています。
 お客様に必要とされる担当者であるためにも、取引先企業への定期的な訪問・経営層の方との情報交換をこまめに行うほか、決算書の内容から些細な変化を感じ取るなど、企業の現状を常に把握し、適宜迅速かつ適切に対応することを心掛けています。
 融資業務を行う上では、コミュニケーション能力、中でも聴く力が最も重要と考えます。取引先の経営者の方々は業界に精通し、担当者である私との知識量には雲泥の差があります。そうした知識の差を埋め、今後を見据えた上でのご提案や支援を行っていくためにも、企業そのものを深く理解すること、業界やマーケットについてなど様々な情報を日々収集することが重要です。お客様と会社の未来についてより深く会話をするためにも、ニュース等で情報を収集したり、専門書など様々な媒体を通して知識を蓄積したり日々、自己研鑽に努めています。

謙虚な姿勢で自身の成長を

 仕事上で最も大切にしているものは時間です。お客様とお会いしている時間というものは本来、お客様がお使いになられる時間の一部を頂戴していることに他なりません。企業の社長や経営層の方々は業務多忙の中、我々銀行員との会話の時間を設けてくださいます。限られた時間の中から貴重な時間を頂戴しているということに感謝し、一分一秒を無駄にしないよう意識し日々の業務に向かっています。
 また、業務に際し、常に心がけていることは謙虚な姿勢です。というのも、実社会に出て、私自身の知識や価値観がいかに矮小であるかということを痛感したからです。先輩や上司、取引先企業の方は人生の大先輩であり、そうした周囲の方々と接する毎日が勉強になっていると実感します。日々新たな気付きや発見があり、自分が行員として、また一人の人間として成長できる環境が当行にはあります。

ここでは行員の日常を紹介しています。

「あきぎんの人々」