秋田銀行 秋田銀行採用サイト2019

> プレエントリー > マイページ

「ジモト」で働く

地元大学出身! 大切な家族や友人と一緒に過ごしながら、秋田に就職できた幸せ。 牛島支店 渉外係 2013年入行 髙橋 裕子

人間性を評価してくれた人事の方に感謝。今では、入行前以上に「あきぎん」が好きになった。

 就職先を選ぶ上で、私にとって大切なことは「家族」でした。家族の近くにいてあげたい、安心させたいという想いがありましたので、できれば地元で就職したい。そこからのスタートでした。
 一方で、人と接する仕事がしたいという想いはあったものの、どうしてもこれがやりたいという仕事や職種がなかった私にとって、世の中の「やりたいことを仕事にする方が良い」という風潮はプレッシャーでもありました。ただ、こだわりがなかった分、様々な企業の説明会に参加して話を聞き、「ここが良い」と感じた企業だけを受けたことは正しい選択であったと思います。秋田銀行からの内定を知らせる電話で、「あなたと一緒に働きたい」というメッセージをもらったことは、私の人間性を評価してくれて、会社に必要とされたと嬉しく感じた場面でもあり、今でもその時の会話を覚えています。
 入行前は正直なところ銀行の職場をあまりイメージできず、ネームバリューや働く場所としての安心感に心惹かれている面もありましたが、入行してから数年経った今、より一層「秋田銀行に入って良かった」と感じることが多くなりました。仕事の中身やそこから得られる充実感はもちろんですが、育児や介護を含めた各種休暇制度など福利厚生面が手厚く、私生活も含めて充実して働ける環境がしっかりと整っているからだと思います。

女性が働く上で大事な「安心感」が、秋田にはある。

 現在は渉外係として個人のお客様を中心に、前任の担当者から引き継いだお客様と新規のお客様をバランス良く訪問しています。お客様を訪問する際には、単に金融商品を通しての繋がりではなく、一人の人間としての魅力を感じていただき、些細なことでも気軽に相談していただけるような関係性の構築に努めています。
 そうした観点から考えると、私が地元大学出身であったことは、お客様と共通の話題が多く孫・娘のように可愛がっていただくきっかけになったり、学生時代の友人とお客様、またはその知人が知り合い同士で仕事がスムーズに進んだりと、様々な場面で仕事に活きているように感じます。
 また、地元で働ける喜びは先輩方を見ても感じます。子育てや介護など、特に働く女性が多く直面しがちな課題に対しても、親世代含めた家族全体で協力し合えたり、理解ある同僚や上司が職場でサポートしてくれたりと、安心して働くことができます。

就職活動中の皆さんへメッセージ

 就職活動への考え方は人それぞれです。
 周りの友人や社会の風潮に流されることや目先のことだけを考えて就職先を選択するのではなく、長期的な視点で仕事はもちろんのこと、プライベートも充実させるという考え方もあって良いのではないでしょうか。銀行の仕事は忙しいイメージを持たれている学生の皆さんも多いと思いますが、メリハリを付けて仕事ができる環境が整っており、オンオフをはっきりとさせることができます。
 また、業務を通して「自分のファン」がついてくれる仕事でもあり、やりがいにあふれるオススメの仕事です。