地域経済の活性化

ビジネスマッチング

事業者同士が効率的にマッチングを行う場として各種商談会を開催しています。また、首都圏への販路拡大は東京ビジネスサポートセンターを通じて、海外展開は地域未来戦略部海外ビジネスサポート室を通じて積極的に支援しています。

  • ビジネスマッチング業務について、詳しくはこちらをご覧ください。
  • 海外取引支援業務について、詳しくはこちらをご覧ください。
  • 東京ビジネスサポートセンターについて、詳しくはこちらをご覧ください。

商談会の模様

あきたアグリビジネス研究会

生産者同士の横のつながりとして、また行政や大学、他産業との連携をはかるネットワークとして、「あきたアグリビジネス研究会」を運営しています。

本研究会を通じて、農業関連の事業者の皆さまに情報収集の場を提供するとともに、各機関との連携による幅広い支援を通じて、会員の事業規模の拡大および経営基盤の強化をはかっています。

取組みの詳しい内容はこちらをご覧ください。


研究会の模様

再生可能エネルギー

日本海沿岸の豊かな風を活用した風力発電事業をはじめ、秋田県には再生可能エネルギー関連事業の適地が豊富にあり、その優位性を地域経済の活性化に活かしていくために、積極的な支援に取り組んでいます。

風力発電事業に新規参入する「㈱A-WIND ENERGY(エーウインドエナジー)」の設立を全面的にサポートしたほか、秋田県内のメガソーラー事業においては、事業者と共同で事業計画の策定や関係機関等との協議などを継続的に実施するなど、資金支援にとどまらず幅広い支援を実施しています。

その他、再生可能エネルギー事業支援業務についてはこちらをご覧ください。

あきた未来塾

今後の秋田県経済の振興・発展に寄与する人材の育成・輩出を目的に、若手経営者・後継者を対象とした経営塾「あきた未来塾」を開講しています。

「あきた未来塾」について、詳しくはこちらをご覧ください。


現場の視察


関塾頭による講義

秋田プラチナタウン研究会

高齢者が健康で元気に暮らせるコミュニティづくりと持続可能な地域づくりの推進を目的として、「秋田プラチナタウン研究会」を運営しています。

本研究会は、高齢者施設などのハード面のみならず、多世代が生きがいをもって暮らせる地域づくりや地域独自の社会インフラ構築などの可能性を追求し、将来的に首都圏からのアクティブシニア等の移住を促すなど、地域経済の活性化を展望しています。


研究会の模様

産学官連携

新分野進出や技術革新などのニーズをお持ちの事業者の皆さまをサポートするため、大学や試験研究機関とのネットワークを構築しています。

産学官連携サポート業務について、詳しくはこちらをご覧ください。

事業再生支援への取組み

事業再生については、各営業店と審査部内の「企業経営支援室」が連携のうえ、お取引先と協力しながら取り組んでおり、必要に応じて中小企業再生支援協議会等の外部機関を活用することにより、再生の実現性を高めています。

また、当行を含む秋田県内の5金融機関および秋田県信用保証協会と共同で、全国各地で事業再生の豊富な実績を有するルネッサンスキャピタル㈱と業務協力協定を締結するなど、事業再生支援におけるコンサルティング機能の向上をはかっています。

北東北3銀行3大学の提携による地域版TLO「ネットビックスプラス」

秋田銀行、青森銀行、岩手銀行、秋田大学、弘前大学、岩手大学は、大学の持つ技術を地域の中小企業と連携して活用するため、「ネットビックスプラス」を立上げ、連携協定を締結しました。


「ネットビックスプラス」では、北東北3銀行のネットワークを活用し、北東北3大学が保有する知的財産や研究成果等を地域社会に還元いたします。産学金連携を推進することで、産業の活性化および地方創生を実現し、地域社会の発展に寄与するため相互に協力してまいります。


締結式の模様