あきぎんホーム > 女性の活躍推進
おすすめ情報
  • 秋田ノーザンハピネッツGO!GO!キャンペーン2017
  • ご愛顧感謝キャンペーン2017
  • マイカーローンリニューアルキャンペーン
  • OnlyOneデビット〈JCB〉
  • トリプルチャンスキャンペーン
  • 秋田銀行カードローン
  • LIFEサポート
  • ご退職のみなさまへ
  • 〈あきぎん〉年金自動受け取り

女性の活躍推進

 秋田銀行では、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づき次のとおり行動計画を作成しましたので公表します。

株式会社秋田銀行 行動計画

 総合職の女性を増やすとともに、女性が管理職として活躍できる環境を整備するため、次のとおり行動計画を策定する。

1 計画期間: 平成28年4月1日 ~ 平成32年3月31日

2 当行の課題
 課題1:総合職の採用における女性の比率が低く、また総合職の男女別競争倍率は女性の方が著しく高い。
 課題2:管理職層および監督職層に占める女性の割合が低い。
 課題3:女性が従事している業務が男性と比較して限定されている。

3 目標と取組内容・実施時期
目標1: 毎年度、総合職の採用者に占める女性割合を10%以上(内定者を含む。)とする。
  <取組内容>
   ●平成28年 4月~行内で活躍する女性を紹介する会社案内用の冊子を新たに調製する。
   ●平成28年 6月~採用時の合同説明会、座談会等に女性行員を積極的に起用し、女性の活躍推進を周知する。
   ●平成28年12月~女性が満たしにくい募集・採用基準や性別により異なる選考運用の有無を点検する。
   ●平成29年 1月~女性の採用拡大に向けたインターンシップ実施を継続する。

目標2:管理職層(支店長・次長級以上)に占める女性割合  5%以上(計画期間終了時点)
     監督職層(係長級)に占める女性割合         20%以上(計画期間終了時点)
  <取組内容>
   ●平成28年 4月~コース別業務習得方針を明確化し、特に女性が99%を占める特定職の職務機会を拡大する。
   ●平成28年 5月~女性管理職養成に向けたキャリアアップ支援(研修&フォロー)を継続する。
   ●平成28年 8月~上司に対する意識啓発(女性行員の職務拡大等)のセミナーを実施する。
   ●平成28年10月~キャリア形成に対する女性行員の意識を醸成するための研修を実施する。


「女性の活躍に関する情報公表」について

 秋田銀行では、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)で規定されている情報公表項目(全14項目)を公表します。(公表日:平成29年6月30日)
 公表内容は別添PDFファイルのとおりです。

情報公表項目

女性の活躍推進に向けて

 女性の活躍推進については、持続的成長を実現するための成長戦略のひとつとして、社会的要請がますます高まっています。当行においても、経営計画で女性職員の能力発揮促進等を掲げ、より多くの女性職員がそれぞれの役割の中で活躍できる環境と風土づくりを促進していく方針にあります。さらに、10年後を見据えると年齢等の構成変化を受け、女性のより一層の幅広い領域での活躍が求められています。
 このような状況を受けて、当行では2015年3月、女性活躍推進プログラムを策定し、意識向上を含めたキャリア形成およびワーク・ライフ・バランス推進の両面から、女性職員の活躍を推し進めております。

女性活躍推進プログラム

 女性活躍推進プログラムでは、2020年3月までの5年間(2015年4月~)を“第1フェーズ”と位置づけ、「<あきぎん>女性“活き生き(いきいき)”応援プログラム」として取り組みます。
 また、“第2フェーズ”をその後の3年間(2020年4月~2023年3月)とします。

ロードマップ

 “指導的立場に占める女性の割合目標”の達成期限である5年後までを「第1フェーズ」と位置づけ、「<あきぎん>女性“活き生き(いきいき)”応援プログラム」として取り組みます。

目指す姿
 当行は、女性の活躍を推進することで多様性のある組織を作り競争力を高め、持続的成長を実現します。
 あわせて、皆が“活き生き”と働ける職場づくりに取り組みます。

〈あきぎん〉女性“活き生き(いきいき)”応援プログラム

 当行は女性職員がやりがいと充実感を感じながら働き仕事上の責任を果たすとともに、ライフステージにあわせた充実した生活ができる働き方を実現することで、性別や年層を問わず一人ひとりが仕事のやりがいと達成感を感じて成長していく銀行を目指します。
“活き(いき)” 職務機会の提供を通じて、キャリア意識の向上およびキャリア形成に取り組みます。
“生き(いき)” 働き方の見直しや仕事と家庭の両立支援制度の充実などにより、ワーク・ライフ・バランスの推進に取り組みます。

指導的立場に占める女性の割合比率目標の設定

 現在、当行の行員比率は男性63%、女性37%(2015年4月時点)です。
 今後とも当行が多様な意見を取り入れ、競争力を高めて持続的に成長していくためには、男性だけではなく女性の考え方を組織運営に反映していくことが必要になります。そのためには、一定の権限を持ち、組織内で指導的立場にある層の女性比率を高めていかなければなりません。
 当行では、将来的に指導的立場にある層(監督職層)の女性割合を行員の女性割合に近づけることを目指します。
 将来目標に向けた当面の目標として、プログラムの第1フェーズでは、次に掲げる管理職層、監督職層の比率を目標とします。
2020年度までに 管理職層(営業店長、次長層)を5%とします。
2020年度までに 監督職層(副長、支店長代理層)を20%とします。

当行の仕事と家庭の両立支援制度

(注)1 健康診断のための就業中の通院、妊娠中の女性行員に対する適宜休憩の付与等
   2 始業時刻の繰下げまたは終業時刻の繰上げの方法により実働6時間を限度とする短時間勤務

具体的な取組み

① 女性キャリアミーティング

 27年5月19日、主任昇進から2~3年の女性行員16名が参加し、今後のキャリアについて考える研修「女性キャリアミーティング」を開催しました。
 この研修では、管理者としての役割や今後のキャリア形成について、グループ討議や意見交換を行ったほか、「インバスケット研修」によりリーダーシップ、マネジメント能力を実践形式で学びました。

② 育休取得者ミーティング

 27年6月20日(土)、育休取得中で、今後3か月以内に職場復帰予定の行員を対象に「育休取得者ミーティング」を開催しました。
 女性活躍推進プログラム、各種両立支援制度についての説明に加え、自宅で利用できるeラーニングの説明や営業端末の操作を行いました。また、すでに復職している育休経験者を交え、仕事と育児の両立についての意見交換を行っております。

③ 女性キャリアマネジメント研修会

 「女性キャリアマネジメント研修会」は、支店長代理や主査といった、部下行員を持つ女性役席を対象に開催しています。この研修は、キャリアアップに必要な業務スキルや管理能力を理解するとともに、各人がキャリアプランを策定することで今後身に付けるべき業務スキル等を意識するきっかけにすることを目的としています。
 年4回のインターバル形式で“女性行員の職務機会の拡大”や“支店長を目指すための今後のキャリア形成”などについて活発な意見交換を行い、参加者からは「同じ立場にいる女性同士、考え感じることに共通点が多いと思った。ロールモデルの不在を横のつながりでカバーし合いたい。」などの声が聞かれました。

④ 育休取得者ミーティング(2回目)

 27年12月13日(日)、研修センター如学館にて「育休取得者ミーティング」を開催しました。27年6月に続いて2回目となる今回は、今後6か月以内に復職予定の育児休業取得者7名のほか、所属部店長7名にも参加いただきました。当日は、復職時の手続き等を経営管理部より説明したほか、育休から復帰した先輩行員2名を交えて意見交換などを行いました。参加者の感想は次のとおりです。
○ 身近に育休取得者がいなかったので、現在育休を取っている方々や復帰された方の話が聞けて本当によかった。
○ 所属部店長がいると意見交換がしづらいのではと思っていたが、逆に支店長たちがどのように感じているのか聞くことができてよかった。
○ 周りの方に助けてもらうこともあると思うが、やるべき仕事はきちんとやり、仕事と育児のどちらもがんばっていきたい。

⑤ 育休取得者ミーティング(3回目)

 28年6月18日(土)、3回目となる「育休取得者ミーティング」を開催しました。今回は、28年12月までに復職予定の育休取得者4名と所属店長4名が参加し、人事担当者から復職時の手続き等の説明を受けたほか、参加者同士で意見交換を行いました。育休から復帰した先輩行員を交えた意見交換は、復帰前の準備や仕事と育児の両立への不安などが話題となり、和やかな雰囲気で行われました。また、ミーティングの終わりでは、所属店長から育休取得者へメッセージカードのプレゼントがあり、あたたかく前向きな言葉に皆感激している様子でした。

⑥「秋田県女性の活躍推進企業表彰」の受賞

 秋田県が平成28年度新設した「秋田県女性の活躍推進企業表彰」制度において、当行が表彰企業として選ばれました。この制度は、女性の能力の活用と男女がともに働きやすい職場づくりの取組などが顕著な企業を表彰するもので、当行含め5社が受賞しました。

⑦「秋田市元気な子どものまちづくり企業認定表彰」の認定および受賞

 秋田市が平成28年度新設した「秋田市元気な子どものまちづくり企業認定表彰」制度において、当行が企業認定されるとともに最優秀賞を受賞しました。この制度は、仕事と子育ての両立支援や子育てにやさしい企業を認定し、特に優れた取組をしている企業を表彰するもので、秋田県および秋田市の表彰制度双方を受賞したのは、当行のみです。

⑧育休取得者ミーティング(4回目)

 28年12月4日(日)、4回目となる「育休取得者ミーティング」を開催しました。今回は、育休取得者7名と所属店長7名が参加し、復帰時の手続き等の説明を受けたほか、復帰前の不安や復帰後の時間の使い方などを意見交換しました。参加者からは、復帰時の手続きがわかり安心したという感想や、復帰するにあたり不安があったが、意見交換をすることで解消されたなどの感想がありました。

⑨ 28年度「女性キャリアミーティング」

 28年度の「女性キャリアミーティング」は、28年7月7日(木)、10月19日(水)、29年1月18日(水)の3回開催しました。
 管理資格層の女性行員を対象としたこの研修は、求められる期待・役割の理解促進およびキャリア意識の醸成を目的としています。様々なワークを通し、今の自分を振り返り、仕事を通じてどんな自分になりたいか、なりたい自分になるために今すべきことは何かを時間をかけて考えることで、今後の自身のキャリアをイメージしました。

⑩ 女性キャリアマネジメント研修会

 平成29年2月8日(水)、女性役席者のうち管理職層の候補者および今年度監督職に昇進した方を対象に「女性キャリアマネジメント研修会」を開催しました。
 研修では、マネジメントとリーダーシップについて学んだほか、グループワークを通じ、管理者に必要な問題解決能力を身につけました。また、ロールモデルとなる先輩行員・外部講師との接点を設け、自身のキャリアイメージを具体化しました。

⑪ イクボス宣言

 平成29年3月10日(金)、秋田市主催「子育て応援リーダー宣言~秋田市版イクボス宣言~」において、秋田市内23社の企業と合同で「イクボス宣言」を行いました。
 「イクボス宣言」の趣旨を踏まえ、今後も職員全員がいきいきと働くことができる職場環境づくりを目指していきます。

⑫ 育休取得者ミーティング(5回目)

 29年6月17日(土)、5回目となる「育休取得者ミーティング」を開催しました。
 今回は、育休取得者8名と所属部店長8名が参加し、復職時の説明や意見交換のほか、育休取得中に改正された事務についての勉強会も行いました。
 参加者からは、子育てをしながら働く行員同士で子育ての不安や工夫を共有できてよかったなどの感想がありました。

店舗・ATM ローン金利 預金金利 各種手数料 外為相場情報


 このページの先頭へ
株式会社秋田銀行 登録金融機関 東北財務局長(登金)第2号/加入協会 日本証券業協会
Copyright The Akita Bank,Ltd. All Rights Reserved.■