セキュリティ

コンピューターを使ってインターネット経由で預金の残高照会、入出金照会、口座振り込み、振り替えなどのサービスが利用可能になります。

セキュリティ

 〈あきぎん〉のインターネットバンキングサービスは、お客様に安心してご利用いただくため、暗号技術の採用や不正アクセスへの監視など安全面に十分配慮しております。
 下記の、通信の安全性のためのセキュリティ手段、不正利用等のリスク対策および本人確認手段について、よくご理解いただき、安全、快適にご利用くださいますよう、お願い申し上げます。

セキュリティ手段

 インターネット上での盗聴、改ざん、なりすましを防ぐため、お客様との送受信に最新の暗号技術(SSL128bit)を採用しています。
 SSLとは、Netscape Communications社が開発した、インターネット上でお客様の情報を暗号化して送受信する仕組みです。128bitは現時点での最強の暗号化システムです。

本人確認手段と不正利用の防止策

  • システムへの不正侵入に対し、ファイアーウォールを設置し不正なアクセスを防止しています。また、定期的に侵入テストを実施し、信頼性を確認しています。

  • ファイアーウォールとは別にセキュリティセンサを設置し、インターネットからの攻撃を24時間監視しています。

セキュリティ対策

  • お客様IDと二種類のパスワードによりご本人様からのご依頼であることを確認しています。
    なお、パスワードには有効期限がございますので、最長でも90日ごとにお客様から変更いただきます。

    • お客様ID
      お客様の本人確認に使用する識別名です。ログイン時に入力いただきます。
    • ログインパスワード
      ログイン時に必要なパスワードです。
    • 取引確認用パスワード
      振込・振替等のお客様からのご依頼には、ログインパスワードに加えて、取引確認用パスワードが必要です。

    ※ 誤ったパスワードが一定回数連続して当行に届いた場合、一定時間ログインができなくなります。(これを「ロックアウト」といいます。)

  • ワンタイムパスワード
    ワンタイムパスワードとは、1分間ごとに変化するパスワードです。通常のID・パスワードに加えて利用することにより、さらに高いセキュリティ下でのお取引が可能となります。

    携帯電話でのご利用はこちら
    スマートフォンでのご利用はこちら

  • メール通知パスワード
    お客さまがインターネットバンキングでお振込などの取引を行う際、従来の取引確認用パスワードに加えて、ログインの間だけ有効な「メール通知パスワード」をお客さまのメールアドレスに送信します。

    くわしくはこちら

  • ソフトウェアキーボード
    画面上に表示される擬似キーボードであるソフトウェアキーボードをマウスでクリックすることで、ログインパスワードをご入力いただけます。スパイウェア対策として、より安全にご利用いただけます。

  • ご確認用のメールの送信を行っています。
    お客様が照会以外のお取引き(振込・振替等)を行った場合や、ロックアウト時などに確認の電子メールをお届けのアドレスに送信しています。取引内容にお心当たりのない場合は、まず、メニュー画面でパスワード変更手続きをしていただいた後、当行にご連絡ください。

  • ご利用履歴を表示しています。
    最近3回のログイン日時を表示しています。お心当たりのない時間が表示された場合は、まず、メニュー画面でパスワード変更手続きをしていただいた後、当行にご連絡ください。

  • 取引の上限金額の設定を行っています。
    サービス利用口座毎に、1日あたりの振込・振替限度額を設定していただいております。