• 口座をひらく
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる
  • 便利につかう

インターネットバンキングの不正利用にご注意ください

 昨今、スパイウェアや不正メールなどにより、お客さまのIDやパスワードが不正に取得され、不正アクセスされる事例が全国的に報告されております。
 特に、パスワード通知用メールアドレスヤフーメールGメール等のフリーメール・Webメールをご登録されている場合の不正送金被害が急増しておりますのでご注意ください。

インターネットバンキングを安全にご利用いただくために、以下の点にご注意ください



アドレスを確認する
1. お使いのブラウザのアドレス欄を探します。
 通常はウィンドウや画面上部にあり、「http://www~」や「https://www~」から始まる文字が入力されています。(「http://www」部分は省略される場合もあります。)
2. アドレスを確認します。
 以下の一覧からご利用中のサービスをご確認ください。
 ブラウザのアドレス欄の先頭部分と、ご利用中のサービスのアドレスが完全に一致していることをご確認ください。(フィッシングサイトのアドレスは、本物と間違えやすい文字を使用しますのでご注意ください。)
サービス名・サイト名 アドレス
秋田銀行ホームページ https://www.akita-bank.co.jp/
〈あきぎん〉インターネットバンキングサービス https://www.parasol.anser.ne.jp/
〈あきぎん〉ビジネスIB https://www.bizsol.anser.ne.jp/
経営支援総合サービス「Biscom」 https://www.squet.jp/


EV SSL証明書を確認する
1.パソコンの場合
(1) インターネットバンキングのログイン画面を表示します。
(2) 以下のとおり証明書を確認します。
 InternetExplorer7以上、FireFox3.0以上などの対応ブラウザでは、アドレス欄の全体または一部がグリーンの表示となり、アドレス欄付近に鍵マークと「NTT DATA CORPORATION[JP]」と表示されます。
2.スマートフォンの場合
(1) インターネットバンキングのログイン画面を表示します。
(2) アドレス欄に鍵マークが表示されます。
(3) スマートフォンの機種ごとに以下の操作で証明書を確認します。
a Andoroid2.3の場合
「機能ボタン→機能→その他→ページ情報→証明書」の順で押下します。
発行先の組織が「NTT DATA CORPORATION」、発行者の組織が「VeriSign,Inc」であることを確認します。
b Andoroid4.0の場合
「アドレス欄左側の鍵マーク→証明書を表示」の順で押下します。
発行先の組織が「NTT DATA CORPORATION」、発行者の組織が「VeriSign,Inc」であることを確認します。
c iPhoneの場合
アドレス欄上部に、鍵マークとともに「NTT DATA CORPORATION」が表示されることを確認します。
※EV SSL証明書とは、業界統一基準に則って、企業の実在性をより高い精度で認証する証明書です。


ID、パスワードを厳重に管理する
 ID、パスワード等は決して第三者に知らせないでください。
 生年月日等の類推しやすいものを避けるとともに、定期的に変更することをお勧めします。
 ハードディスク内にID、パスワードを保存している場合、ウィルスなどへの感染により保存データが外部へ漏れる可能性がありますので、ハードディスクへの保存はお控えください。


セキュリティ対策ソフトを利用する
 セキュリティ対策ソフトをご利用いただくことで、スパイウェア、フィッシング、コンピュータウィルスなどの被害を防止することができます。
 また、セキュリティ対策ソフトは最新版へのアップデートを行ってください。
1.セキュリティ対策ソフトを使用していないお客さまはパソコンセキュリティサービス「SaAT Netizen」をご利用ください
 「SaAT Netizen」セキュリティサービスはウィルスやスパイウェアからお客さまのパソコンと情報を守るサービスです。当行のホームページにアクセスしている間、「SaAT Netizen」を起動させることで、安心してご利用いただくことができます。
 詳しくはこちらをご覧ください。
2.「ソフトウェアキーボード」をご利用ください
 セキュリティ対策ソフトを導入していない場合、唯一有効なスパイウェア対策です。ぜひご利用ください。


OSやブラウザ等を最新化する
 パソコンのOSやインストールされている各種ソフトウェアは最新の状態に更新してご使用ください。


振込限度額を確認する
 1日あたりの振込限度額を必要な範囲内でできるだけ低く設定いただきますと、万が一、ウィルスに感染した場合でも被害を最小限に抑えることができます。


過去のログイン日時、取引履歴、預金残高を確認する
 不正利用早期発見のため、定期的に、過去のログイン日時、取引履歴、預金残高をご確認ください。
 身に覚えのない不審なお取引に気づかれた場合は、当行(インターネットバンキングセンター0120-599-506)までご連絡ください。


ワンタイムパスワードを利用する
 60秒ごとに更新される1回限りの使い捨てパスワード(ワンタイムパスワード)をご利用いただくと、インターネットバンキングの安全性が飛躍的に向上するとともに、携帯・スマートフォンで便利にご利用いただけます。


オートコンプリート機能を解除する
 インターネットバンキングを利用するパソコンは、過去の入力履歴から、次の入力内容をあらかじめ表示するキーボード入力補助(オートコンプリート)機能を解除してご利用ください。


Eメールのブラウザでのご利用、フリーメールのご利用にあたっては十分注意する
 EメールのInternet Explorer等のブラウザでのご利用、フリーメールのご利用については、ご利用時のIDやパスワードが何らかの原因で不正に搾取される場合も考えられます。
 Eメールのブラウザでのご利用、フリーメールのご利用にあたっては十分にご注意ください。
 また、メール通知パスワードをご利用のお客さまについては、ウィルス等によるパスワードの漏えいを防止するため、メールはご利用パソコン以外の機器(別のパソコン、携帯、スマートフォン等)で閲覧することをお勧めします。


不特定多数の方が使用するパソコンでは利用しない
 インターネットカフェなど不特定多数の方が使用するパソコンでは、パスワードなどお客さまの重要情報が記録に残ってしまう恐れがあります。
 不特定多数の方が使用するパソコンではインターネットバンキングをご利用にならないようご注意ください。


不審な電子メールは開かない
 「フィッシング」(電子メール等に虚偽のリンクを記載して、その金融機関とは関係のない虚偽のウェブサイトにアクセスさせることで、その金融機関になりすまして暗証番号など重要なお客さまの情報を不正に取得しようとする行為)や「スパイウェア」(パソコンなどで入力された個人情報を利用者が気付かないうちに収集して、インターネット経由で送信してしまう不正ソフト)などを利用した犯罪が発生していますので、不審な電子メールには十分ご注意ください。


ファイル交換ソフトは使用しない
 「Winny(ウィニー)」に代表されるファイル交換ソフトは、不特定多数の利用者間で、パソコンにあるファイルを簡単に交換できるようにするソフトウェアです。
 近年、ファイル交換ソフトによる情報漏えい事件が多発していますが、これらはファイル交換ソフトを通じてコンピュータウィルスに感染し、利用者の意図とは無関係に、パソコン内のファイルが外部に流出してしまったことが主な原因ですので、インターネットバンキングサービスを利用するパソコンではファイル交換ソフトの使用を控えてください。


パソコン未利用時の電源オフの徹底
 パソコンを利用しない時は、電源をオフにしてください。
 また、インターネットへの接続を必要としない時は、ネットワークから遮断することをお勧めいたします。


振込データの作成者と承認者とで異なるパソコンを利用する【ビジネスIBのみ】
 承認機能を利用し、振込データの作成者と承認者を分け、それぞれ異なるパソコンでご利用いただくことをお勧めいたします。







店舗・ATM ローン金利 預金金利 各種手数料 外為相場情報


 このページの先頭へ
株式会社秋田銀行 登録金融機関 東北財務局長(登金)第2号/加入協会 日本証券業協会
Copyright The Akita Bank,Ltd. All Rights Reserved.■