つみたてNISAの魅力 つみたて投資で得た利益が非課税に! つみたてNISAは年40万円(月3.3万円程度)までのつみたて投資で得られた利益が非課税になる制度です。非課税投資期間は20年ですので、長期の資産づくりを効率的にできます。

投資で得た利益(普通分配金および売却益等)にかかる税率

課税口座(特定・一般口座)20.315% つみたてNISA0%

例えば..10万円の運用益があった場合、手取りの利益は?

課税口座の場合79,685円

つみたてNISAの場合100,000円 運用益がそのまま!

つみたてNISAって、こんなにおトクなんだ!

他にもこんなメリットが!

そもそも投資信託とは

投資家から集めたお金をひとつの大きな資金にまとめ、
専門家が株式や債券などに投資をする金融商品です。
投資信託を活用することで少額から分散投資による
リスクを抑えた資産づくりを手軽にはじめることができます。

つみたてNISAを活用して
投資信託をはじめたい方はこちら

口座開設投資信託 / つみたてNISA

つみたてNISA商品ラインナップ

〈あきぎん〉では、長期のつみたて投資に適した以下の5商品をご用意しています。
つみたてNISAでは投資信託の申込手数料が無料です!

インデックスファンド

インデックスファンドは、ベンチマーク(市場平均)と連動した運用成果を目指すファンドです。

Funds-i

つみたてステーション

アクティブファンド

アクティブファンドは、運用会社が投資先を選別し、ベンチマーク(市場平均)を上回る運用成果を目指すファンドです。

日々の基準価額をお知らせする便利な
メール配信登録もご利用ください!

上記のつみたてNISA商品ラインナップも含めて、
〈あきぎん〉が取り扱う全てのファンドが対象となります。

投資信託情報配信サービス

つみたてNISAを活用して
投資信託をはじめたい方はこちら

口座開設投資信託 / つみたてNISA

投資でよくある心理 「上がっても、下がっても、買えない」

日々の値動きが気になるなどを理由に投資をはじめられない人には、
つみたて投資がオススメです。

つみたて投資は「あらかじめ決まった金額」を「継続的に」投資していくため、
安いときに買わなかったり、高いときにだけ買ってしまったりすることを避けられます。
また、毎月自動的に買い付けてくれるため、手間なく資産づくりを続けることができます。

 

シミュレーションで見るつみたて投資の効果

Q.つみたて投資ではファンドAとファンドB、どちらが有利でしょうか?(月3万円を2年間つみたて投資した場合)

シミュレーショングラフ ※グラフは仮定の条件のもとでのシミュレーションであり、将来の投資成果を保証するものではありません。また、税金、手数料等の費用は考慮していません。

A.つみたて投資なら、ファンドBのように途中値下がりすることで、多くの口数を購入でき、結果的に良い結果になる場合もあります。購入タイミングを悩まず、途中の値下がりをチャンスに変えられるつみたて投資で資産づくりをはじめましょう!

つみたてNISAを活用して
投資信託をはじめたい方はこちら

口座開設投資信託 / つみたてNISA

よくあるご質問(Q&A)

つみたてNISAをはじめるためにはどのような手続きが必要ですか?

投資信託口座およびつみたてNISA口座の開設手続きが必要です。
口座開設の申込はコチラ

NISAとつみたてNISAの違いをおしえてください。

NISAとつみたてNISAの制度概要は以下のとおりです。

NISA つみたてNISA
利用できる方 日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)
対象商品 株式投資信託、上場株式等
(〈あきぎん〉では株式投資信託のみ)
一定の要件を満たした株式投資信託、ETF
(〈あきぎん〉では株式投資信託のみ)
非課税投資枠 年間120万円
(非課税投資枠は5年間で最大600万円)
年間40万円
(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間 最長5年間 最長20年間
投資可能期間 2023年まで 2037年まで
注意点 NISAとつみたてNISAの併用はできず、どちらか一方を選択してご利用いただけます。

つみたてNISAの毎月の口座振替日と投資信託の買付日はいつですか?

口座振替日は毎月5日(銀行休業日は前営業日)、投資信託の買付日は口座振替日の翌営業日になります。(買付日が指定ファンドの申込不可日の場合は、最初に到来する申込可能日に買い付けます。)

つみたてNISAで購入した投資信託はいつでも解約できますか?

いつでも解約可能です。ただし、解約部分の非課税投資枠を再利用することはできません。

現在、NISA口座を持っていますが、つみたてNISA口座をつくることはできますか?

NISA口座とつみたてNISA口座を併用することはできません。
NISAとつみたてNISAは、年ごとに変更が可能です。

非課税期間(20年間)が終了すると、つみたてNISA口座内の投資信託はどうなりますか?

非課税期間が終わると、つみたてNISA口座内の投資信託は、非課税期間終了時の時価で課税口座に移ります。
このとき、つみたてNISAで保有していた間の値上がり益には課税されません。

つみたてNISAを活用して
投資信託をはじめたい方はこちら

口座開設投資信託 / つみたてNISA

投資信託に関する留意事項

投資信託をお申込みの際は、以下の事項および最新の投資信託説明書(交付目論見書)等をよくお読みいただき、各ファンドの仕組みやリスク、費用などをご理解のうえお申込みください。

  • 投資信託は預金ではなく、当行でご購入いただいた場合、預金保険および投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託をご購入の際には、必ず最新の投資信託説明書(交付目論見書)等により、商品内容やリスクおよび手数料等の詳細をご理解のうえ、ご自身の判断によりお申込みください。
  • 投資信託の運用による損益はご購入されたお客様本人に帰属します。
  • 投資信託は、株式や債券など価格変動をともなう有価証券等に投資するため、次の要因等により投資元本を割り込むことがあり、元本および分配金が保証されている商品ではありません。
    1. 組入有価証券等の価格変動および金利・市況の変動等。
    2. 組入有価証券等の発行者の経営、財務状況の変化。
    3. 為替相場の変動や投資対象国の政治、経済情勢等の影響による損失。
  • 投資信託のご購入に際しては、次の費用をご負担いただきます。
    1. 申込手数料はご購入の際にお客様に直接ご負担いただく費用で、最高3.24%(消費税込み)
    2. 信託報酬は保有期間中に間接的にご負担いただく費用で、最高2.376%(消費税込み)
    3. 信託財産留保額は換金時にご負担いただく費用で、最高0.5%
    4. その他の費用は組入有価証券の売買にかかる委託手数料、監査費用、外国での資産の保管等に要する諸費用等、保有期間中にご負担いただく費用で、運用状況等により変動するため事前に上限の料率等は表示できません。

お問い合わせ先

くわしくは、秋田銀行の窓口、
または下記までお気軽にお問い合わせください。

営業企画部(投資信託担当)

018-863-1212

受付時間 平日9:00~17:00(※祝日休)

お近くの〈あきぎん〉店舗をさがす

店舗・ATM検索