あきぎんホームニュースリリース > 「株式会社寿牧場」への協調融資について

ニュースリリース

平成29年10月3日
「株式会社寿牧場」への協調融資について
~「畜産クラスター事業」活用による規模拡大を秋田銀行と日本政策金融公庫が協調支援~

 株式会社秋田銀行(頭取 新谷明弘)は、日本政策金融公庫(略称:日本公庫)秋田支店農林水産事業とともに、「株式会社寿牧場」(代表取締役 髙橋長寿)に対して、協調融資により規模拡大、生産方式の改善を支援いたしますので、お知らせいたします。
 当行と日本公庫は、業務連携・協力に関する覚書を締結しており、今後も相互に連携して地域経済の活性化に努めるとともに、秋田の農業をリードする農業生産者の皆さまを総合的に支援させていただきます。

1 株式会社寿牧場について
 株式会社寿牧場の代表取締役を務める高橋長寿氏は、これまで和牛のオリンピックと言われる「全国和牛能力共進会」に秋田県代表として何度も出品しており、特に平成24年に開催された長崎全共では全国2位獲得の立役者となるなど、県内トップクラスの肥育技術を有する経営者です。また、これまでも多くの研修生を受け入れて技術指導を行うなど、県内畜産業の振興に貢献してきました。
 同社は、このたびの協調融資や畜産クラスター関連の補助金を活用し、和牛肥育頭数を120頭から600頭へ拡大するほか、繁殖頭数も順次拡大し、繁殖部門を取り入れた大規模経営に取り組むとともに、地域一体となった耕畜連携による循環型農業の実践などを通じて畜産振興に取り組んでいきます。
2 畜産クラスター事業について
 畜産クラスターとは、畜産農家をはじめ地域の関係事業者が結集、連携して、地域ぐるみで畜産の収益性を向上させるための取組みのことで、国は補助金交付などにより畜産クラスターの構築を推進しています。
3 当行および日本公庫の取組み
 当行および日本公庫は、「新あきた畜産クラスター協議会」に、秋田県、秋田市、各生産団体などとともに構成員として参加し、事業計画の立案段階からの総合的なサポートを実施いたしました。
 また、資金面では設備資金のほか、牛の購入にかかる運転資金などを協調融資によりご支援いたします。

(以 上)

(参考事項)
1 株式会社寿牧場
代表取締役 高橋 長寿
住   所 秋田県秋田市上北手猿田字寺村78
設   立 平成27年3月
資 本 金 1百万円
事業内容 肉用牛の繁殖、肥育一貫経営
2 投資計画概要
施設内容 牛舎3棟・堆肥舎1棟・飼料庫1棟・管理棟1棟
所   在 秋田市河辺松渕字餅田沢
建築面積 畜舎7,081㎡、堆肥舎1,167㎡、飼料庫等293㎡
総事業費 約13億円
特   徴 黒毛和牛の増頭増産による販売拡大をはかるため、畜産事業規模拡大等に必要な施設整備を実施。最先端の飼育設備を導入して大規模畜産経営の省力化と飼育環境の改善をはかり、上質な黒毛和牛の肥育を行います。

(以 上)

店舗・ATM ローン金利 預金金利 各種手数料 外為相場情報


 このページの先頭へ
株式会社秋田銀行 登録金融機関 東北財務局長(登金)第2号/加入協会 日本証券業協会
Copyright The Akita Bank,Ltd. All Rights Reserved.■