あきぎんホームニュースリリース > 平成30年3月期 第1四半期 決算のお知らせ

ニュースリリース

平成29年7月28日
平成30年3月期 第1四半期 決算のお知らせ

【単体】 四半期純利益 18億円
     預金 2兆6千7百億円 過去最高残高を更新

 株式会社秋田銀行(頭取 新谷 明弘)は、7月28日(金)、平成30年3月期(平成29年度)第1四半期の決算を発表いたしました。

1 損 益(単体)
 経常収益は、国債等債券売却益の増加により、前年同期比5億31百万円増収の115億14百万円となりました。
 本業での利益を示すコア業務純益は、資金利益の減少により、7億66百万円減少し19億77百万円となりました。
 経常利益は、債券・株式等関係損益は好転したものの、コア業務純益の減少により、2億68百万円減少し19億31百万円となりました。
 一方、四半期純利益は、法人税等の減少から1億32百万円増加し18億49百万円となりました。
2 預金および貸出金の状況(単体)
 預金(譲渡性預金を含む。)の期末残高は、個人・法人・地公体からの預金増加により、前年同月末比754億円増加し2兆6,768億円となりました。(増加率は2.8%、過去最高残高となりました。)
 貸出金は、個人ローン・事業先向け・地公体向け貸出の増加により、前年同月末比405億円増加し1兆6,239億円となりました。(増加率は2.5%)
3 不良債権の状況(単体)
 金融再生法開示債権は、前年同月末比46億円減少し348億円となりました。この結果、不良債権比率は0.35ポイント低下し2.12%となりました。

なお、詳細につきましては、決算短信をご参照ください。

(以 上)

店舗・ATM ローン金利 預金金利 各種手数料 外為相場情報


 このページの先頭へ
株式会社秋田銀行 登録金融機関 東北財務局長(登金)第2号/加入協会 日本証券業協会
Copyright The Akita Bank,Ltd. All Rights Reserved.■