アグリビジネスへの取組み

資金面のご支援

アグリサポート

小規模農業者様を対象としたプロパーの制度融資商品です。無担保・第三者保証人不要で最大500万円までご融資いたします。農業特有の収入サイクルを考慮したご返済方法をご選択いただけます。

秋田県中小企業アグリサポート資金

秋田県信用保証協会の保証により制度融資です。農林漁業に活路を見出そうとする県内中小企業者様の資金調達に対し、最大2,500万円までご融資いたします。また、保証料の一部について秋田県による補給がございます。

あきぎん成長支援ファンド

日本銀行の「成長基盤強化を支援するための資金供給」制度を活用し、「地域経済の成長が期待できる分野」への金融支援を実施するファンドです。農林水産業、農商工連携事業も支援分野となっております。

ABL(動産担保融資)

企業の事業そのものに着目し、商品在庫や売掛金など流動性の高い事業収益資産を担保として活用するご融資です。

これまでのご契約例

水産物加工製造・販売会社に対する「ハタハタ」を担保とした融資枠契約

養豚農場に対する「ブランド豚」を担保とした、当行、JAおよび日本政策金融公庫の3者による協調融資

※なお、本制度は農産物に限らず、多様な流動資産を対象としております。

資金のご支援方法は他にもございます。アグリ関連事業をご検討の際は、最寄りの秋田銀行各支店、もしくは営業本部地域サポート部まで是非ご相談ください。

販路拡大のご支援

国内外問わず、販路拡大の機会をご提供しています。首都圏や新興国などの大消費地での展開をご支援しております。

地域銀行フードセレクション(東京ビッグサイト)

全国各地の地方銀行の主催により、全国への販路拡大を希望する食品サプライヤーと、安全で美味しい地域色豊かな食材を求める仕入れ企業との商談の場をご提供いたします。

香港フード・エキスポ

アジア最大級の国際商品見本市です。当行と秋田県が共同でブースを設置しています。日本最大の食品輸出国で、中国・東南アジアマーケットの玄関口といわれる香港で、ビジネスの拡大をサポートいたします。

個別企業との商談会

インターネットサイトや店舗展開により既に販売網を構築している個別企業との商談会を開催し、多数の成約実績をあげております

Biscom会員様限定(もしくは優先)で、ビジネスチャンスの拡大をサーポートしております。

日本ホテル秋田フェア
来秋予定されている本県JRデスティネーションキャンペーン(DC)のプレ企画として、都内メトロポリタンホテルにおいて秋田県産食材を多用したフェアが平成24年10~11月に開催されます。当行では本フェアへの納入業者様をご紹介しております。

秋田のもの
DCに先立ち、JR上野駅構内の地産品ショップ「のもの」において、JR東日本グループおよび秋田県と共同で「秋田のもの」を開催しております。「秋田のもの」については、県産食品、飲料等の納入業者様をご紹介しているほか、期間中は当行行員が店頭で販売業に携わりました。

具体的なご支援の事例

「菌との共生」をテーマに開発された植物性乳酸菌。地場の大豆、米、りんごを原料に、横手市雄物川町の酒蔵を再利用し製造しています。
当行では、NS乳酸菌の認知度向上や事業発展のためのソリューションを展開しております。

いぶりがっこ発祥の地といわれる横手市山内三又集落。横手市いぶりんピック初代優勝者高橋篤子さんが、たっぷりの玄米を利用して作るこだわりのいぶりがっこです。確かな品質でバイヤーからも高評価を得ています。
当行では、無添加いぶりがっこのブランドイメージを向上させるため、商品作りや販路拡大などのサポートをしております。

北秋田市の建設会社3社の共同出資による新分野進出事業です。建設用重機をほ場整備に活用するなど、異業種参入ならではの強みを活かして事業に取り組んでいます。
今年の夏は本事業開始後初めての収穫が行われましたが、質、量とも想定を上回る出来となりました。
当行では商談の機会をご提供したほか、行員による収穫のお手伝いをさせていただきました。

生産量日本一の三種町のじゅんさい。「じゅんさいの里活性化協議会」を23年5月に発足させ、地域一体でじゅんさい産業の課題解決、ブランド化に取り組んでいます。
当行では、改善施策の提案やじゅんさいの認知度向上、利用機会の拡大に対する支援を行っております。